★育児書★幼稚園では遅すぎる 人生は三歳までにつくられる!

幼稚園では遅すぎる 人生は三歳までにつくられる!

井深大 ソニー創業者 サンマーク出版

 

目次

Chapter 1 幼児の可能性は三歳までに決まってしまう

幼稚園に入ってからでは、もう遅い

どの子も〇歳からの育て方ひとつで能力を伸ばしていける

幼児教育は天才をつくるためのものではない

赤ん坊は、未熟だからこそ無限の可能性をもっている

脳細胞の配線は三歳までに決まる

いまの教育は「厳しく」と「自由に」の時期をとり違えている

「むずかしい」「やさしい」という大人の判断は子どもに通用しない

幼児は“パターン認識”というすぐれた能力をもっている

幼児には算数より代数のほうがやさしい

生後三カ月の赤ん坊にもバッハがわかる

生まれて半年たてば赤ん坊でも泳ぐことができる

「与えすぎ」より「与えなさすぎ」のほうが問題

興味をもったものは、なんでも覚えるのが幼児である

幼児のうちに身につけないと一生身につかないものがある

難聴児でも早期教育によっては聞こえるようになる

Chapter 2 幼児の能力を最大限に伸ばす育て方・環境づくり

幼児の能力は遺伝よりも教育・環境が優先する

学者の子だから学者に適しているとはかぎらない

人間の赤ん坊でも獣の中で育てば獣になる

「まだ早い」が幼児の成長のじゃまをすることがある

幼児期こそ朱にまじわれば赤くなる

刺激のない部屋は赤ん坊にとって有害である

幼児は思いがけないものから、思いがけない影響を与えられる

幼児は絵本や物語から大人とはまったく違うストーリーを想像する

赤ん坊の世話を人にまかせるときは環境に細心の注意を払う

幼児期の経験は、その後の考え方や行動の土台となる

幼児教育に、こうしなければいけないという定型はない

抱き癖は、おおいにつけるべきである

添い寝は幼児とコミュニケーションをもつ絶好の機会

音痴の母親に育てられた子どもは音痴になる

赤ん坊が声を出したら必ず答えてやる

幼児に赤ちゃん言葉で話しかける必要はない

大人の何げない行動が赤ん坊に恐怖心をうえつける

生まれてすぐの赤ん坊でも夫婦ゲンカがわかる

母親の「心配性」は子どもに伝染する

父親の“不干渉”は子どもの素直な性格をゆがめる

兄弟は多ければ多いほどよい

おじいちゃんおばあちゃんの存在は、子どもにはよい“刺激剤”

赤ん坊同士の交流は社会性だけでなく知能の発達もうながす

ケンカはこどもの社会性と積極性を育てる

人見知りは赤ん坊にパターン認識能力ができた証拠

ムチは、ムチがわからない時期に使うほど効果がある

怒りや嫉妬心は幼児の欲求不満のあらわれである

幼児期に人前で笑われた欠点は心の傷として一生残る

幼児は叱るよりほめたほうがいい

興味こそ最良の意欲促進剤である

幼児はリズム感のあるものほど簡単に覚える

幼児は叱られたことや不快感を“悪い”と判断する

幼児が強く興味を示したものには好奇心を持続させる手助けを

「繰り返し」は幼児に興味をもたせる最良の方法である

想像力のある子にしたければ、幼児の空想に口をはさまない

幼児には技術や理論ではなく、勘を身につけさせよ

赤ん坊の教育に性別はない

幼児だからと言ってセックスについてうそを教えてはいけない

幼児委の時間の観念は規則正しい生活から生まれる

ニュース番組は正しい日本語を身につけさせるのに役立つ

テレビのコマーシャルは、おおいに見せるべきである

音楽は最初から和音つきで教えたほうが音感がよくなる

音楽教室は幼児の集中力を育てる

バイオリン教育で幼児のリーダーシップも育つ

幼児の音楽教育は顔かたちのいい子をつくる

幼児の記憶力を育てるには俳句の繰り返しが最適の教材

一つのことに秀でると、すべてに自信がつく

トランプの神経衰弱は幼児の思考力を育てる

鉛筆やクレヨンを持たせる時期は早ければ早いほうがよい

規格サイズの画用紙を与えれば規格サイズの人間にしかならない

おもちゃを与えすぎると散漫な性格になる

整理された冷は子どもの成長を妨げる

幼児は自分なりの秩序感を乱されると、不快になる

赤ん坊には見るものを与えるのではなく、見える場所を与えよ

おもちゃは美しいだけでなく、さわっておもしろいものがよい

幼児にとって本は見るもの、積み木は積むものとはかぎらない

粘土、折り紙、切り紙など素朴な遊びが幼児の創造性を育てる

「劇あそび」は幼児の創造性を発達させる

体を動かす子ほど知能の発達も早くなる

右手だけでなく左手も鍛えたほうがよい

幼児こそ、おおいに歩かせるべきである

運動神経も鍛え方しだいで伸びる

スポーツは早い時期に始めるほど上達が早い

幼児に遊びと仕事の区別はない

幼児教育は幼稚園・小学校のための予備校教育ではない

お金や暇がなくても子どもの教育はできる

Chapter 3 ほんとうの幼児教育は母親にしかできない

ビジョンをもたない母親に子どもの教育はできない

女性にとって育児ほどたいせつな仕事はない

幼児教育は母親教育から始まる

母親はつねに幼児から学ぶ姿勢を忘れるな

子どもをりっぱな人間に育てられるのは父親より母親である

母親は「教育」の押し付け役ではない

どんなことがあっても「育児中絶」だけは許されない

二歳までは厳しく、それ以降はやさしく

子どもは母親の所有物ではない

母親の自信のなさが子どもをだめにする

母親の虚栄心が子どもにおかしなエリート意識をうえつける

子どもを変えるには、まず親が変わることが必要

親を超える人間に育ててこそ、ほんとうの教育

人を信じられる人間が二十一世紀の日本をつくる

戦争や人種差別をなくせるのは幼児しかない

 

ソニーの創業者の井深さんの書かれた本です。会社経営だけでなく、幼児教育にも力を入れていた方だったのですね。

ただ、幼稚園では遅すぎる 人生は三歳までにつくられる!というタイトルは子どもを持つ親としてはドキッとさせられます。

しかし内容は、勉強のできるエリートを育てるために早期教育をして天才児をつくるための本ではありません。

幼児教育は天才をつくるためのものではないと著者も言っています。

「まだ早い」が幼児の成長のじゃまをすることがある

刺激のない部屋は赤ん坊にとって有害である

赤ん坊が声を出したら必ず答えてやる

幼児に赤ちゃん言葉で話しかける必要はない

など、産まれてすぐの赤ちゃんは何も出来ないと考えてただ抱っこをしてあやしていればいいのではなく、無限の可能性を持っていて、どの子も〇歳からの育て方ひとつで能力を伸ばしていけて、まだまだ未熟だからこそ無限の可能性をもっています。

そして脳細胞の配線は三歳までに決まるので、たくさんの良い教育を子どもに与えてあげられるように、母親が子育てのビジョンを持って、つねに幼児から学ぶ姿勢を忘れないようにすべきだと言っています。

この、母親がビジョンを持つということが、今子育てをしていて本当に大切なことだと感じます。

3歳までの大切な時間をどのように過ごすべきか、親としても勉強の毎日です。

★育児書★最新脳科学で読み解く0歳からの子育て

最新脳科学で読み解く0歳からの子育て

サンドラ・アーモット サム・ワン東洋経済新報社

目次

はじめに 子どもの脳はひとりでにすくすく育つ

クイズ 子どもの脳について、どのくらい知っていますか?

第1部      子どもの脳のしくみ

第1章      赤ちゃんの脳に隠された五つの能力

第2章      赤ちゃんの脳は、お母さんのおなかの中で育つ

第3章      赤ちゃんは生まれながらの勉強家

第4章      子供の将来は遺伝だけで決まらない

第2部      成長と子どもの脳

第5章      脳には一生で一度の大切な時期がある

第6章      生まれながらの語学の達人

第7章      赤ちゃんの脳は寝ているときも成長している

第8章      男の子の脳、女の子の脳

第9章      なぜ青年期になると行動が変わるの?

第3部      経験と子どもの脳

第10章 子どもの近視は遺伝?それとも環境?

第11章 会話やスキンシップが赤ちゃんの脳を育てる

第12章 味の好みは、おなかにいるときから発達する

第4部      遊びと子どもの脳

第13章 誘惑に負けない子どもは勉強もできる

第14章 生きていくのに役立つ行動は楽しい

第15章 運動すると認知能力も発達する

第16章 電子メディアで子どもの脳はどう変わる?

第5部      感情と子どもの脳

第17章 子どもの気質はどうすれば変わる?

第18章 感情をうまくコントロールできる子に育てる

第19章 子どもの嘘は知能が発達した証拠

第20章 お母さんとの交流が安定した愛着を育てる

第6部      学習と子どもの脳

第21章 赤ちゃんのときの出来事は、なぜ思い出せないの?

第22章 失敗してもくじけない子に育てるほめ方

第23章 脳を見れば音楽の才能を予想できる

第24章 大まかな数がわかる赤ちゃんは数学が得意になる

第25章 子どもが文字を覚えるのに苦労する理由

第7部      障害と子どもの脳

第26章 子どものストレス回復力の鍛え方

第27章 自閉症の子どもは、なぜ人の心が見えないの?

第28章 ADHDは本当に障害なの?

第29章 子どもの問題行動がなくなる家庭のルール

第30章 子どもの脳は環境に合わせて発達する

 

コラム

子どもの問題はすべてお母さんの責任?

ストレスが減れば問題も減る

妊娠中は魚をたべましょう

母乳で育てると賢い子に育つ?

練習を手伝ってあげると運動能力が伸びる

文化が進化に影響する

ゲノムに残る足跡

脳の栄養

可塑性の限界

外国語学習は幼いうちに

二カ国語を学ぶと認知制御能力が向上する

赤ちゃんの上手な寝かしつけ方

赤ちゃんはどんな夢を見るのでしょう

子どもの能力を伸ばす

青年期の子どもは昼と夜の周期が長い?

外で遊ぶと視力が良くなる

現代的生活が脳を変える

生まれる前から子どもを騒音から守りましょう

スキンシップの神経科学的効果

子どもに野菜を食べさせるには

創作遊びと本物のスキル

大人にとっての遊び

頭のケガと脳

子どもの体重が気になる方へ

インターネットは共感力を弱める?

利点より害のほうが大きい赤ちゃん向けビデオ

子どもはどうして親に似るの?

生まれ順が性格に影響する?

右脳は感情をつかさどる?

自己制御力は共感を育む

年上のきょうだいがいると心の理論の発達が早まる

脳内での模倣

良心を養う

ステレオタイプ化と社交性

赤ちゃんのほうが物忘れが早い

最も効率のいい学習法

社会的拒絶が知能指数を下げる

モーツァルト効果

音楽と演劇の効果

ステレオタイプとテストの成績

家庭での読書

失読症の原因

タンポポの子どもとランの子ども

野生児は自閉症?

行動療法は早く始めるほど効果的

いかがわしい治療法の見分け方

脳スキャンは万能?

ほめると自尊心が高まる?

疫学の解釈は至難の業

 

 

子どもの脳はひとりでにすくすく育つ?子どもの脳について、どのくらい知っていますか?

どうです?ボリューム満点!妊娠中、お子さんが小さい方には一読をお勧めします!

妊娠中に注意すべきこと、出産後子育てをしていくにあたって知っておきたい情報が多く書かれていました。

脳の領域や働きなど難しいことも多く書かれています。全部読むのは大変!という方は目次から必要な項目だけでも読んでおくとためになります。

気になる項目はありましたか?

この本の著者の二人は乳幼児の研究者ではなく、専門書を徹底的に調べ検証した上で、子どもの脳について科学的に解説しています。

ですので、良く耳にする通説を統計や論文から正しています。

よくある、あなただけの経験からなのでは?根拠はあるの?と首をかしげたくなる子育て本とは違った情報を得ることができると思います。

英才教育で子どもを天才にするための本ではありません。

一貫して著者が言っているのは、健康な子どもの脳はひとりでにすくすく育つということです。

ただ、ひとりでにすくすく育つために、親が手助けしてあげられることはなにか、してはいけないことは何か、ということを学べると思います。

 

★親育書★人見知りだった千秋が付き合い上手になった魔法の法則16

人見知りだった千秋が付き合い上手になった魔法の法則16 

千秋 中央公論新社

目次

「はじめに」に代えて この本を書くことになった訳 聞き手◎三木哲夫(中央公論新社)

1章       ママ友付き合いは怖くない!

2章       千秋が答えます!ママ友お悩みQ&A 千秋の人付き合いがハッピーになるルール16

3章       専門家に聞いてみた!ママ友付き合いって何? 対談◎信田さよ子 臨床心理士 原宿カウンセリングセンター所長

育児書とは違って、子育てをする大人に読んでもらいたい本をこのブログでは

★親育書★として紹介しようと思います!

 

千秋って人見知りだったんだ・・・という感想から気になって読んでみた本。

人見知りでなかなかママ友が出来ないのでうまく立ち回れないかと思い読んでみました。

読み終わった感想はまず、「ママ友めんどくさ」です。これってほんと?

千秋さんがお子さんを通わせるような幼稚園はちょっとハイクラス?だろうし、一般のママ友と同じなのだろうか。それともママ友ってそんなものなのか。まだ判別がつかないです。

Q&Aではうわぁ・・・こんなママ友いるの?っていうお悩み相談が多くてイライラしました。そんな奴にうじうじ悩むな!友達やめればいいのに!って思いました。それが出来ないのがママ友なのでしょうか?まだいないのでわかりません。

でも千秋さんは結構バッサバッサと切っていくのでそこらへんはなかなか面白いです。

2章もQ&Aなので対話式。1章も小テーマとそれに対する千秋さんの経験と考えが短くまとめられているのでとても読みやすいです。

あっという間に読み終わります。

 引用 最初から“素の自分”で付き合えば疲れない P42

引用 「私はこういう人間なんです」って思いきって巣の自分をさらけ出し、それでも仲良くなれる人とだけ付き合えば、ママ友付き合いをもっと楽しめるようになれる P4546

なんとか素の自分をだせたらいいんですけどね。それって自信がある人じゃなきゃできないんじゃないかなぁ。

引用 トラブル回避には「スルー力」を身につけよう P52

これ大事ですね。ママ友ですからね。今まで他人ですしね。それを言ったら元も子もないですけど。でも気にしてしまいますね。

引用 ママ友付き合いは期間限定だと考えよう P67

ここが大事ですよね。千秋さんも言っていますが子供が小学校に上がればだんだん親なしで行動できるようになってくるわけですし、そうなったらママ友ってそこまで顔を合わせる必要もなくなりますよね。だから幼稚園、保育園を卒業するまでの期間限定ですね。

そう思えば気が楽になります。

あとは3章の対談でママ友付き合いについて語られているいるんですが、これはNHKママたちが緊急事態でよんだ内容とすこしリンクします。

ママ友ってなんなのか。NHKのママたちが緊急事態ではママ友をなぜ欲するのかの説明がありました。ジレンマですね。

引用 「ママ友は、そもそも友達じゃないんですよ」P170

ママ友は友達ではない、でもママ友が必要。このせいでこんなにこじれたママ友問題が出てきているのかもしれません。

仲良くなれなかったとしてもそうだなって同じ幼稚園に通っているだけだもの、みんなと仲良くなれなくても仕方ないな。って思えました。距離感を大事にしたいです。

長男が産まれて3年!

未だにママ友0更新中!!

いつになったら出来るのか!?出来ないままなのか!今後にこうご期待です!

はじめまして。

はじめまして。こんにちは。

現在3歳と0歳の息子たちの子育て真っ只中です。

自己肯定感の低めの、人見知り、心配性な母です。

自己肯定感なんて言葉は子どもが産まれるまで全く知りませんでした。

ただ、結婚・妊娠前からとにかく生きづらいなぁと感じていました。

初めての子育ては分からないことだらけで、とにかく不安で、辛くて、大変で・・・。

子どもが成長すると、イライラして、怒鳴っちゃって自己嫌悪の毎日・・・。

どうにかしたくて、色々な本を読んだり、勉強会に参加してみたり。

そして気が付きました!

私って自己肯定感が低いんだ!!

ただ根暗で、人付き合いが苦手で、何をやっても上手くいかなくて、ダメな人間なんだなぁと思っていました。

それって、それって自己肯定感が低いってことじゃない??

自己肯定感って幼少期の親の影響が大きく影響するって本当?

読んだ本や、子どもの教育、遊び、それから日々の生活についても、色々記録していこうと思っています。

日々勉強、迷走、奔走しながら子育てしながら親も育つように、おやこそだて頑張っていきます!!